中小企業経営者の”資金繰り”と”資金調達”を考えてみよう!

多くの中小企業経営者にとって、資金繰り、資金調達ほど心身ともにすり減る仕事はないのでありませんか?

「銀行への返済が迫っているのに、お金が足りない」

「事業拡大のために設備投資したいのに、どこもお金を貸してくれない」

など、毎月の資金繰りのこと、そして将来の左右する資金調達のことで、頭を悩ませていませんか?

また経営状態は良いはずなのに、資金繰りが悪化してしまうこともあります。

「売上は右肩上がりなのに、支払いスパンが長いために資金繰りがきつい」

こんなケースもあるのです。

少し考えてみて下さい。本来、社長の仕事は「お金を回すこと」だけではありませんよね。

その会社の”長”として、自分がいなくても会社がスムーズに回るように、人材を育て、適切に配置し、将来を見据えて必要なものに投資をする――というのが、経営者が本当にしたい仕事ではないでしょうか?

しかし、会社に必要なお金は、まるで人間の血液のように滞ってしまうと”死”を招きます。

特に何かと労働基準法が厳しい昨今で、従業員の給料が遅れた日にはどんなことが起こるのか…想像しただけでも恐ろしいと思いませんか?

そんな資金繰りにお悩みの経営者にご紹介したいのが、『ファクタリング』です。

うまく活用できれば、貴社の新たな資金調達の方法なることも考えられます。

ファクタリングを深掘.comでは、『ファクタリング』について深掘りしていきたいと思います。

『ファクタリング』とは?中小企業経営者の救世主的存在に?

ファクタリングって、一般にはあまり聞き慣れないサービスですよね?

簡潔に説明すると…

ファクタリングとは、事業主が保有している売掛金を償還請求権無しで”完全に売買”するサービスのことです。

中小企業経営者の方にとって頭を悩ませる存在である、売掛金が現金になるまでのタイムラグをファクタリングを利用することで、タイムラグをなくし現金化することができるのです。

実際に経営されている方には釈迦に説法でしょうが、とかく売掛金が現金になるまでの時間は本当に頭を痛ませる問題になることもあります。

商品やサービスはすでに納品し、後は相手側が支払期日までにお金を支払う、というのが売掛金ですが…

現金取引で商品を納品した、サービスを提供したらすぐその場で現金支払が経営者として一番うれしい取引ですが、ほとんどの場合そうは行きません。

多くの企業はキャッシュフローのことを考えて、商品やサービス購入は月初めに行い、支払い――特に売掛金の支払いは月末、翌月末に――というように行います。

しかし、現金化までの2ヶ月以上の差は資金繰りが苦しい企業や資本金が少ない、起業したばかりで銀行取引が難しい経営者からすれば、煩わしいことこの上ない存在です。

ファクタリングは、この煩わしい差を埋めることができる画期的なサービスなのです。

ファクタリングは融資ではなく、売掛金の買取契約。
つまり売掛金を直接、ファクタリングを行う会社が購入する形になるのです。

通常の売掛金回収

ファクタリングを利用した場合



商品・サービスをA社に提供する(月初)

A社が決算を行う(月末)

A社が支払い準備を行う

A社が支払いを行う(翌月末)


商品・サービスをA社に提供する(月初)

ファクタリング業者が売掛金を現金化
(月初め+1~3日以内)


A社が支払いを行う(翌月末)

ファクタリング業者に売掛金を支払う


上記の表のようにファクタリングを利用すると、売掛金が現金化されるまでの時間を大幅に短縮することが可能です。

しかも、売掛金が取引から振り込まれた段階で、ファクタリング業者に売掛金をそのまま支払えば良いので、

第三者や取引先にファクタリングを利用していることを知られません!

『ファクタリング』と「融資」を比較 負債にならない資金調達法


 ファクタリング

  • 現金化:最短1日~
  • 費用:手数料(売掛金3~6%)のみ
  • 取扱:売掛金の売却(負債ではない)
  • 返済:不要
  • 長期利用:可能

 融資

  • 現金化:1ヶ月~
  • 費用:借入金×利息(1.8%~)
  • 取扱:借入金(負債)
  • 返済:必要
  • 長期利用:可能だが利息がかかる、出来ない場合も

[比較その1]現金化までのスピード

まず経営者として知りたい部分は、ファクタリングの現金化までのスピードではないでしょうか?

まずファクタリングであれば、商品やサービスを提供し、売掛金が発生した時点で、現金化することが可能です。

これは現金商売をおこなっていない中小企業にとって、嬉しい現金化スピードですよね。

納品した分の商品代が手数料が引かれるとは言え、うまく活用すれば商品を納品した翌日にはファクタリングを利用して現金化することが可能です。

しかし、銀行等に融資を依頼した場合はどうなのでしょうか?

融資希望額や銀行との関係によって融資までの期間は異なりますが、中小企業が相手の場合、銀行はなかなかお金を貸してくれません。

融資を依頼してから、1ヶ月以上を要する……なんてことはザラにあります。

しかも、銀行に融資を頼むということはいろいろと面倒な手続きも必要です。

[比較その2]現金化までにかかる費用

ファクタリングは売掛金の金額に応じて、手数料がかかります。

「売掛金から手数料分を差し引いた金額を事業主に支払う」という形になりますが、それなりの手数料がかかってしまいます。

しかし改めて考えると、売掛金の3%以上は手数料として取られるのですが、銀行と違ってお金が返せないからといって利息がどんどんと膨れ上がることはありません。

銀行の場合、現金を手にするまでに1ヶ月近くかかりますし、利息や事務手数料や保証料がかかることもあります。

契約内容によって異なりますが、運転資金として必要な金額を借り、借りた分のお金と利息(1.8%~)を支払うと考えると、額面以上に大きな出費だと思いませんか?

なぜなら、ファクタリングを利用することで、キャッシュフローが改善し、現金が手元に残りやすくなっていますが、銀行融資の場合はキャッシュフローが改善されていないのにもかかわらず、借金だけが残る形になっているのです。

改めて考えると、銀行の融資って経営者にとって大きな負担ですよね……。

[比較その3]経費としての取扱

ファクタリングは売掛金の”売却”という扱いになるため、経費上は貸方の“売上(現金)”として扱われます。

手数料こそ差し引かれますが、銀行からお金を借りた訳ではなく、「売掛金を売った」のですから、借り入れにはなりません。

しかし、銀行から融資を依頼した場合は、借方――借り入れになってしまうので“負債”となってしまいます。

どちらも一見同じ「収入」ですが、銀行からのお金は返さなければなりませんし、利息もつきます。

そうファクタリングよりも、銀行融資の方がバランスシート的に見てもリスクが大きいのです。

また銀行への融資以来は、なんども行うと金融機関からの審査が厳しくなりますが、ファクタリングは借り入れではなく、売掛金の売買なので金融機関の審査とは一切関係ありません。

もちろん、アナタがファクタリングを利用したことは、ファクタリング業者以外は知ることが出来ないので、企業状況が第三者にバレることもありません。

[比較その4]返済

ファクタリングは売掛金の売買なので、そもそも「返済をする必要はない」のです。

仕組み自体が借り入れとは異なるので、手数料以外の費用は一切かかりません。

しかも、ファクタリングで売掛金をアナタが売った後に、

来売掛金を支払うはずだった企業が何らかの形で売掛金を支払えなくなったとしても(倒産した場合など)、アナタは売掛金を売っただけなので、手数料以外の費用は一切発生しません。

売掛金を売った後、本来売掛金を支払うべき会社が支払えなかった場合は、ファクタリング業者が回収に向かうので、アナタは手数料以外はノーリスクで売掛金を回収することができるのです。

つまり、ファクタリングを利用すれば破綻リスクを大幅に回避することが可能なのです。

それでは銀行の融資の場合はどうでしょう?

売掛金が入金されるまでの間、お金を借り、いざ銀行に返済だ――と思った矢先に本来回収すべき売掛金が回収できなかった場合は、残念ながらこの経営者は泣き寝入りするしかありません。

「無い袖は振れない」とは良く言ったものですが、売掛金を支払えなくなった企業が、お金を支払う見込みは今後一生ありません。

たとえアナタが売掛金が振り込まれるまでの”補填”として、銀行から借り入れを行っていたとしても、その借り入れたお金を支払うのは、アナタの会社ということになってしまうのです。

[比較その5]長期利用

ファクタリングは売掛金の売買です。

何度利用しようとも信用情報に傷がつくわけでもなければ、他の銀行への融資を依頼する際のマイナス要因とはなりません。

しかし銀行へ融資を何度も依頼すれば、審査に対してマイナス要因となってしまうことがあります。

また融資を利用し長期に返済をしない場合は、当たり前ですが利息がどんどんとかさみ返済が難しくなってしまうのです。

ファクタリング業者 2選

融資とは異なる売掛金売買――ファクタリングのメリットをご理解していただけたでしょうか?

借り入れとは根本的にその仕組が違うファクタリングをうまく活用すれば、アナタの会社の経営内容を健全化させることにつながるのではないでしょうか?

それでは、今すぐ利用できるファクタリング業者の中でも、おすすめなファクタリング業者を2社ご紹介させて頂きます!

[九州エリアナンバーワン]株式会社トラストゲートウェイ

九州エリアナンバーワンの実績を持つファクタリング業者『株式会社トラストゲートウェイ』は、ファクタリング手数料3%から利用することが出来る手数料が安いファクタリング業者です。

保証人・担保が不要なのは当たり前。

最短1日で、売掛金の売買が可能であり、しかも来店不要。

さらに50万円~5000万円まで資金化可能。

最大5000万円まで売掛金を現金化出来るのは、中小企業の社長さんにとって、非常に嬉しいことですよね!

○株式会社トラストゲートウェイの特徴


  • 九州エリアトップクラスのシェア率
  • 手数料3~6%
  • 最短1日で、売掛金の売買が可能
  • 来店不要で現金調達が可能
  • 売掛金50万円~5000万円まで現金化可能



トラストゲートウェイ

[最短、即日で売掛金の現金化]株式会社ビートレーディング

はじめてファクタリングを利用される事業者さまに対して、親切丁寧にサービスを行っているファクタリング業者が『株式会社ビートレーディング』です。

最短、即日で売掛金の現金化が可能。

しかも、売掛金は100万円~3億円まで現金化可能なため、億単位の取引がある業者様にとっては、まさに救世主的な存在であると言えるでしょう。

現金化への手数料は5~30%と高めですが、売掛金に応じて何%手数料を取るかは予め問い合わせで知ることが出来ます。

○株式会社ビートレーディングの特徴


  • ファクタリング初心者でも安心して使える
  • 手数料5~30%
  • 最短即日で、売掛金の売買が可能
  • 売掛金100万円~3億円まで現金化可能



ビートレーディング

[ファクタリング利用の流れ]安心・安全のファクタリングによる現金化

ご紹介したファクタリング業者を利用することで、売掛金を素早く回収することが出来るため、キャッシュフローが健全化し、経営状況が劇的に改善する――ということは、もはや言うまでもないでしょう。

ファクタリングを利用することで、手数料のみで売掛金を現金化することが出来ますが、どのような流れで売掛金を現金化することが出来るのか、この章ではその流れを細かくご紹介したいと思います。

ファクタリングの流れ詳細

  1. ファクタリング業者にメールか問い合わせフォームで連絡
  2. 必要書類・事業情報を送付
  3. 仮審査~本審査 ご依頼者様へのご要望確認
  4. 契約完了 最短即日で指定口座に売掛金を現金化して振込

ファクタリングを利用する流れは上記の通りです。

まずファクタリング会社に問い合わせを行い、ファクタリング業者からの連絡を待ちます。

その後、ファクタリングに必要な書類や事業情報をメール等で送付。

送付された内容をもとに売掛金を現金化出来るかどうかの仮審査を行い、その審査の中でファクタリング業者から依頼者へのご要望の確認がありますので、明確に自分の要望を伝えるようにしましょう。

両者で要望確認が終わった後、ファクタリング業者から売掛金の売買が可能と判断され、本審査が通った場合は、契約完了となり、最短即日で売掛金が指定口座に振り込まれる――という流れになっております。

経営状況を改善したいのなら、手軽に利用できるファクタリングを利用しましょう!

ファクタリングは売掛金の回収に悩む中小企業の経営者こそが活用したいサービスではないでしょうか?

ファクタリングを活用すれば、取引先からの売掛金が現金化するまでの期間を大幅に短縮でき、キャッシュフローの健全化を図ることができます。

また手元にある現金を赤字の補填や税金の支払い、新事業の投資資金へ……と多岐に利用することが出来ます。

もちろんファクタリングを利用することで手数料こそかかってしまいますが、将来の収入よりも今の現金の方が重要なことは経営者であれば熟知していることでしょう。

もしも、アナタが売掛金のこと、キャッシュフローの健全化でお悩みなら、アナタの事業の健全化を手軽に行えるファクタリングを利用してみませんか?